読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーとちょこっとレーティング工場

20代サラリーマンのまったり株式投資記録です

株色メガネ


こんにちはー。


最近、ちょっと怖いなと思っていることがあります。
それは、ニュースを見るときに真っ先に株式市場にどんな影響があるかを考えるようになったことです。
ほとんどの情報を「株色のメガネ」越しに見てしまっています。
ある程度そうしないといけないのは確かですが。

(ちなみに、「株色」の読み方は「かぶいろ」ではなく「かぶしき」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ええ、ダジャレでございます。)


たとえば、オリンピックについて。

今週のニュースで、オリンピックの運営費が当初の6倍の1兆8000億円かかると出ていました。
このニュースを見たら、「組織委員会はなんてあほな運営をしてるんだ…」とまず思うのが普通ですし、それが正しいでしょう。

ですが、わたしは、「当初の6倍?!お金が回るぞ、わーい!」とかのんきなことを思ってしまいました笑
あほすぎます笑


メガネを通して情報を見ることはなにかと便利ですし、不可欠です。

なんのメガネもないと情報を頭に入れるまでにかなり時間がかかってしまいます。
それに、そもそもメガネなしで頭に入れた情報は、脳内でほかの知識と関連づかず宙にぽつんと浮かんでしまい、役に立ちにくくなります。

ただし、「情報」はメガネを通った時点で「事実」ではなくなるという点には要注意です。
「情報」は、メガネによって評価や価値判断、感情による意味づけがおこなわれて、「知識」に変換されるからです。
この「知識」が「事実」であると思い込まないようにしたいですね。

投資でもなんでも、情報を客観的に見て判断しているから自分は正しいと思っているつもりでも、自分が見ていたのは「事実」ではなく実は「知識」で、独りよがりな考え方になっていたなんてことはよくありますし。
「事実」と「知識」の違いに自覚的でないと、自分だけが間違ったメガネをかけていたとしてもぜんぜん気づかずに自分を正当化するばかりで、どんどん深みにはまってしまいます。

オリンピック予算のニュースを見て、わたしのメガネは変な風に株一色に染められつつあるなーと反省した今日この頃です。


みなさんは何色のメガネをお持ちですか。




にほんブログ村


サラリーマン投資家 ブログランキングへ