読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーとちょこっとレーティング工場

20代サラリーマンのまったり株式投資記録です

投資方針(2015年12月)


こんにちはー。
今日もいい天気ですねー。


今回の記事では投資方針をまとめたいと思います。
いままでなんとなくやってた感じだったので…



●目標

まず目標から。目標なので高めです笑

[短期] 来年再来年に市場平均を達成する

[中期] 10年後に今の元金120万円を3倍の360万円にする(平均年利12%)

[長期] 35年後に100倍の1億2000万円に!(平均年利14%)



●銘柄選択基準

銘柄を選ぶ際は、割安かどうかを最重視します。
そのうえで、配当狙いで安定銘柄を選ぶ場合と、キャピタルゲイン狙いで成長銘柄を選ぶ場合でそれぞれ別の基準から判断します。


割安の基準は…

・現在のPER×PBRが過去3年平均利益成長率が同程度の同業他社より低い

 

安定銘柄の基準は…

・過去五年の平均配当利回り3%以上

自己資本比率60%以上

・業績は横ばいか右肩上がり(さかのぼれる全期間において)

・業界の参入障壁が高い、あるいはその企業が業界のトップレベル(一地域や一分野だけのトップでもOK)

 

成長銘柄の基準は…

・過去5年間の平均売上成長率8%以上
ROE業種平均以上

・5年後のPERが同業他社平均より30%以上低くなることが見込まれる(PERは現在株価で計算)

・5年後のPBRが現時点での同業他社平均の半分以下になることが見込まれる(PBRは現在株価で計算)

・直近一年間の一日平均出来高が、PERが同程度の同業他社の半分以下(浮動株に対する出来高率を計算して比較)

  *出来高の多い成長銘柄は、多くの人が注目している分、だいぶ先までの成長性が
   株価にすでに
織り込まれている可能性が高いと思っています。そのうえ、過剰に成
   長性が見積もられていることも少なくないです。なので、わたしは
出来高が少ない
   ことを条件に加えています。


割安かどうか、安定しているかの基準は機械的に判断できるのでほとんど問題ありません。

問題は、成長銘柄の基準の「5年後PERが同業他社より50%以上低くなるか」、というところなんですよね。
ここは安定銘柄を見るよりも深く、業界構造や事業ポートフォリオを分析しないといけません。
長くなるのでまた別で記事にしたいと思います。



●売却方針

基本的には損切や利益確定はしないことにします。
銘柄選択の基準と照らし合わせてどうかで判断します。


安定銘柄は上記の基準と毎年照らしあわせてチェックします。
もしほかに似たような会社でPER、PBRがともに2割以上低い銘柄があれば売り払って乗り換えます。

成長銘柄も基本的には同じです。
この先5年間のPERの低下スピードが他社よりも遅くなると想定されれば乗り換えます。
ただし、ある時点で安定銘柄の基準を満たすようになれば安定銘柄の基準での判断に切り替えます。


またこれとは別に、株式市場が全体的に割高な水準になった場合は、相対的に上がっている保有銘柄を売却してキャッシュを増やすことにします。




一応こんな感じで決めたんですが、まだ微妙な感じなので定期的に改訂していきたいですー。
とりあえず、明後日あたりに成長性の判断の仕方も記事にまとめます。

ちなみにこうしてみると、今持ってるsantecはまったく基準に合致していませんね笑
近々売ることにしますー。

ではではー



にほんブログ村


サラリーマン投資家 ブログランキングへ