読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーとちょこっとレーティング工場

20代サラリーマンのまったり株式投資記録です

投資戦略(2016年2月現在)


こんばんは!

今日はわたしの投資戦略を書いてみたいと思います。
練り途中ですがとりあえずあげます笑!


投資観

 

わたしはファンダメンタルで銘柄を選んでいきたいと思っています。
心構えとしては、「未来において他の銘柄より3割以上割安な状態であることが見込まれて、かつ絶対的にみて安い銘柄を買いましょう」というものを掲げたいです。

文字通りで特にコメントすることもないですね笑
ほかの銘柄と比べて見て将来的に3割以上安い状態で業績が安定しうるかどうか、かつ比較云々を引っこ抜いてもなお安いと思えるかを大切にしたいです。

前者はグレアムの安全域の考えから3割(1/3)という数字を目安として設けました。
後者については別に根拠とかなくてもいいので、ROEを見たうえで、金融商品としてなんとなくお得だなーと思うレベルでいいです。


銘柄を見る際は、バリュー株とグロース株の両方の要素を持っている株を頑張って探したいと思っています。
今の状態(ゼロ成長)ですでに割安で、かつ期待成長率を上回る成長がなされるような株を買うことを目指します!

両方の要素を合わせるとはいえ、どちらの視点でも、未来において割安かどうかを最重視するというのは共通項です。

その意味では、バリュー株とグロース株の区別はそこまでこだわらなくてもいいかなーという気もします。
たしかに、バリュー株は「今の時点で割安」であり、グロース株はゼロ成長とすると今は普通or割高で「未来に割安に変わる」という点では違いはあると思います。
でも、両者とも、期待成長率と実際の成長率の関係を考えたうえで、未来の時点で割安になるか否かが重要であるという点では一緒かなーと。


ただ、グロース株については実際の成長率と期待成長率の差分が絶対的に大切になるという点で、バリュー株とはやっぱり違うかもしれません。
リスクもだいぶ違う気がするのでそこは注意したいです。

バリュー株は今の状態でどれだけ安いかが判断できるため、将来の業績については今の水準をキープできるかを見れば基本的にオッケーな気がします。
仮に、ある程度期待成長率を下回っても、まだまだ割安だと安心することもできます。

でも、グロース株だと、将来の成長率がどれくらいになるかだけが命です。
長期にわたって数字の動きを考えることになるので、一つの数字を固定してそれが可能かを考えるバリュー株の予測よりもかなりアクティブです。
それに、期待成長率がいくらなのかを、今の株価から機敏に感じ取る必要もありますしね。


この要素を考えると、わたしのスタイルとしては、「どちらかというとバリューに軸足を置いて足元を固めつつ、ステップ足でグロースの値幅を取っていく」という感じにしたいと思っています。




戦い方


戦い方を一言でまとめると、「個人投資家の非効率を探せ」です。

なぜこうなるかというと、わたしは効率的市場仮説を結構信じているからです。

歴史的にみて、市場はだいたいにおいて効率的ということは当たっていると思います

なんだかんだで市場の参加者のほとんどはプロ。彼らの分析は早く、精度も確度も高いです。
最近では情報へのアクセス可能性とか分析ツールの高機能化とかもあいまって、プロの見立てには間違えがより起きにくくなっていると考えています。

 

たしかに、バブル的なことは日々起きていて、非効率性が存在することは否定できません。
ですが、そこに個人投資家が入って裁定取引を行うことは果たして現実的なのかという疑問があります。


非効率はプロですら判断を誤ったがために起きたことだということを忘れてはいけないと思うわけです。
プロの英知が結集してなお間違えたところに、個人投資家が「はいはいそれ間違ってますよー」と割って入ることができるでしょうか。

すくなくともわたしには、そんなことをできる分析力も、分析できたとしてその自分の判断を信じ切るメンタルの強さもないです。



では、個人投資家には全くチャンスがないのかというとそれも違う気がします。

なぜなら、プロが入れない領域もあると考えているからです。

具体的には、出来高が少なく、流動性が小さい銘柄がそれにあたるかなーといまのところ思ってます。
出来高が少ないと、資金が多いプロはなかなか入りにくいし、入るのが可能であったとしても枚数を稼げないのであまり旨みがありません。

そのため、こういう銘柄ではプロはほとんどおらず、個人投資家で多くの取引が構成されているはずです。

わたしはそこを戦場にしていきたいです。
分析レベルが相対的に劣る個人投資家との戦いに絞ることで、投資の期待値を上げることができると考えています。

-------------------------------

と書いてみたものの、わたしはまだまだ投資初心者です。
あまり考えに固執せず、いろいろ吸収しながら考えを変えていきたいです。

では今日はこれで!