読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーとちょこっとレーティング工場

20代サラリーマンのまったり株式投資記録です

投資記録:第66週

投資記録 決算たち


こんばんはー

今週の指標は先週比で、TOPIX△2.08JASDAQ△1.32%、マザーズ△1.14%でした。

わたしはこんな感じでした。

f:id:ohnum:20170210210840p:plain

f:id:ohnum:20170210210853p:plain

先週比▼5.04%、年初からは△5.23%になりました。
当初からは△126.61%です。

〇今週の売買
なし

今週はくらいまくってます…笑

データアプリは確かに加熱してる感があったので納得の下げでした。他の銘柄に乗り換えたほうが良いなとは思いつつも惰性で放置してたのが災いしました。決算の数字自体は悪くなかったんですけどね、、、

ファーストブラザーズも昨日まで地味に11日連続で下げてました()

それ以上に、今週はA&Tの動きで心折れましたね、、、初めての決算直撃かもしれません( ;∀;)

水曜日に通期の決算発表があったあと、10%ほど値を下げました。私的には数字はコンセンサスぐらいだと感じたので痛いです… これぐらいの予想なら無風(それか微下げ)で通過して少しずつ値を上げていくんじゃないかなーと考えてたのですが。そんなわけで買ってたんですが。

市場の期待なんてまったく読めてませんでした。出直します(+_+)

--------------------------------------


今週はA&Tに加えて、IMVの決算発表もありました。
A&Tは特別気になったところはなかったので、IMVについて少し。

数字はこんな感じです。単位は百万円です。

f:id:ohnum:20170210212609p:plain

f:id:ohnum:20170210212624p:plain

売上から利益まですべて前年比大幅マイナス……!!
なのですが、実は受注残が前年比で+12億円近くあります。一部案件が2Qに持ち越しになったそうです。

売上は前年から-7億円ですので、受注残を加味すると今期は順調なスタートを切れたのではないでしょうか。ただ納期が繰り越しになった要因とかは気になるところです。。。

受注残の増は棚卸資産あたりでも見えていますね。残高は前年同期から8億円ほど増えていて、過去にない水準になっています。

f:id:ohnum:20170210215430p:plain

これだけの在庫増ってどうやって対応してるんですかね……「2Qへの予期せぬ売上期ずれ」みたいな書き方されてますが、キャパシティ事前に用意しとかないと対応できないと思うのですが、、、あと製造面も気になるところ。

というわけで変動費率と固定費をざっくり見てみました。

f:id:ohnum:20170210224732p:plain

図は過去八クォーター分で計算した売上高と原価+営業費用(減価償却費は控除)の回帰式です。左が前期、右が今期です。
見ての通り、固定費(方程式の定数部分)が387百万円から463百万円まで増えています。ただ、この範囲だと誤差っぽいですけど。それにエクセルで単純に回帰させただけなのであくまで参考値(にすらできない)ですが。

営業費用だけで回帰させると固定費はほぼ横ばいなので、おそらく原価側で動いてます。
なので、ここ最近に在庫管理(や製造)まわりの固定費を大きくしていて、今後もそれなりの所要を見込んでるんじゃないかなーとなんとなく妄想。

ちなみに過去はだいたい決定係数0.9超えていて、前期だけ0.9切っています。ですので、そのあたりでなんかコスト構造少し変えたのではと思ったり思わなかったり。
去年の4月に子会社を作っているので、もしかしたらその影響が出てるだけかもしれません(が子会社は販社で原価にはあまり効かないはずなので違う気はします)。ただ単に製品の売上構成が変わってるだけとかも考えられますしね…(*_*;

2012年度あたりにも同じような動きをしたあと利益率好転してるので、ちょっと調べてみたいと思います。

上で書いたのはほとんど数字遊びなのですが、なにかを調べてみるきっかけづくりとしては悪くはないのかなと最近感じてます。

-----------------------------------

ではでは、今日はこれにて('ω')ノ


にほんブログ村