読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーとちょこっとレーティング工場

20代サラリーマンのまったり株式投資記録です

【5941】中西製作所:2016年度3Q決算



こんばんは。今日から保有株や気になった銘柄の決算を記事にすることにしました。


初回は今週購入した中西製作所です!


中西製作所は厨房機器を作っている会社です。仕向先は学校やマックなど。

今日3Qの決算発表がありました。数字のサマリはこんな感じです。

f:id:ohnum:20170214190616p:plain

3Q単独の数字はここ数年では最悪です。売上こそ二番目の数字ですが。
3Qまでの年間累計値は売上では過去最高、営業利益は14年度に次いで二番目になってます。

各種比率は以下の通り。

f:id:ohnum:20170214191609p:plain

若干ですが固定資産が増えてるのが気になりました。中身を見てみると、有形固定資産のその他で1億円、投資有価証券で6千万円ほど増えていました。
うーん、、、なに買ったんですかね……確認してみます。


他は特に気になったところはなかったのですが、通期予想に対する進捗について少しだけコメントを。

会社予想では売上25,000百万円、営業利益1,734百万円としています。
3Qまでの累計が売上16,389百万円、営業利益725百万円ですので、4Qでは売上8,611百万円、営業利益1,009百万円が必要な格好です。

進捗率は悪いのですが、4Q偏重型の会社なのでペース自体はむしろ過去よりも良いぐらいです。

個人的に良いなと思ったのが、今期は例年よりも生産面で余裕を残しているように見えた点です。
4Q偏重なので生産もその時期に偏っているわけなのですが、今回は余裕がありそうでいいなーと。

ざっくりの試算ですが、過去4Qの生産高はこんな感じです。発生した原価から棚卸資産増減分を控除することで計算しています。

f:id:ohnum:20170215191839p:plain

「期中生産高」の行に記載している通り、今期4Qで必要な生産高は4,966百万円となっています(4Q末の残高は前年4Qと同じと仮定)。直近では前年に次いで少ない生産高で所要を満たせる計算です。原価に占める期中生産高の割合でみますと今年度が一番低いです。

過去四半期の推移をグラフにしてみるとこんな感じです。

f:id:ohnum:20170215190240p:plain

青い線が生産高です。
15年度あたりから生産がなんとなく平準化されてきているのかな?という印象があります。

それに伴って原価率も落ちてきているように見えなくもないです。平準化で従業員や機械の手待ちが少なくなってきたんじゃないかなと考えているところです。
15年度からは新設のテストキッチンの減価償却費で原価がかさ上げされている分もあるはずです。ですので、平準化による原価低減はこのグラフでみるよりももう少しあるんじゃないかなーと。

ちなみに12年度前後でも原価率が一度落ちていますが、ここは効率化というよりも売上増で固定費の負担が減った影響が大きいです。

以上適当な想像なので少し調査してみたいと思います。


「生産の話以前にそもそも受注入ってくるの?」といった疑問もありそうですが、そこはちょっと調べるのが難しいので、、、、同業他社は好調ですしまあ例年通り入ってくるでしょうという楽観的な想定をしています…(@_@。



売上ぴょーんとはねて株価爆上げ!みたいなことはなさそうですが、利益率の良化等でじりじり値を伸ばしてくれるんじゃないかなーと期待しています。